2016年度 交流英語

                                             2017年1月31日 (火) 実施
海外旅行報告会
        会 場:西尾総合福祉センター
4階 第6集会室
参加者:20名以上

  テ ー マ 発表者
   インドネシア滞在記   本郷 康士
  ブラジル旅行記   今井 正明


  本郷さんは、日本語教室アシストとしてインドネシアに行かれ、インドネシアの学生達と交流された。食事の飾りつけとかに、ユニークで才能豊かな生徒が多かった。また、日本軍残兵がインドネシア独立戦争を助けた事もあり、日本人に好意的であった。トイレ事情の話では、左指と水を使いオシリを洗う話がカルチャーショックであった。9割の人がイスラム教で、イスラム教の食事で豚肉・アルコールがダメなこと、ラマダン月の事、犠牲祭の話をされた.犠牲祭では学校で飼っていた牛の首をはねるのを子供達が遠巻きに見ていて肉を持って帰るとの話であった。

   
 
 
 

今井さんは、ドバイ経由で行き、総額50万円ぐらいかかったとの事。ブラジルはかなり危険な国で、空港からの、タクシーは危険だから使わない方が良いとか、換金するところは見られると危ないとの話であった。今井さんは、日本で友達だったブラジル人の家にホームステイし、イグアスの滝とか連れて行ってもらい、安全であった。リオのカーニバルの時期で楽しみにしていたのだが、会場費が高く、ブラジルの人はあまり興味がなかったので、連れて行ってもらえず、見逃してしまった。再度訪れて、美女のダンサーの写真を撮りたいとの話であった。