西尾にほんごひろば


(もち)つき体験(たいけん) 

 

2017(ねん)(がつ)12(にち)(日)、()(ぶん)神社(じんじゃ)と伊文会館(かいかん)で、餅つきをしました。

西尾(にしお)にほんごひろばのN1N2学習者(がくしゅうしゃ)とボランティアが準備(じゅんび)して、あとから(ほか)のクラスの学習者、にしおっこカラフルの()どもたちやかつてのボランティアの家族(かぞく)一般(いっぱん)(かた)(さん)()しました。全部(ぜんぶ)で100(にん)くらいの(ひと)が参加して、(たの)しい(かい)になりました。

 
   

N2の学習者から、その(とき)感想(かんそう)(とど)いているので、紹介(しょうかい)します。

すてきな もちつき たいけん 


(わたし)
は、中国(ちゅうごく)(きょう)(せつ)(ばい)(もう)します。今日(きょう)は、私たち外国人(がいこくじん)は餅つき体験を伊文神社でしました。日本(にほん)(はじ)めて参加し、おもしろいと(おも)って、私にとって、本当(ほんとう)素晴(すば)らしい()でした。私たちは、こんなにおいしいお餅を()べられて、先生(せんせい)たちに感謝(かんしゃ)しています。

餅つきは時間(じかん)がかかります。

まず、先生は、もち(ごめ)土曜日(どようび)夕方(ゆうがた)から(みず)()けて、日曜日(にちようび)(あさ)()ってきます。あとは、もち米をかまどで()して、(いし)のかめの(なか)に入れて、(きね)で餅をついて、よく(ねば)つくようになったら、美味(おい)しい餅ができ()がります。(みんな)(なら)んで(ひと)つ一つ杵でつく、楽しい写真(しゃしん)をとりました。これは、私の一番(いちばん)()きなことです。

(ゆき)だるまのように()びたもちを醤油(しょうゆ)()れて、のりで()いたり、きな()砂糖(さとう)に入れたり、大根(だいこん)おろしをつけたり、あんころ餅にしたりして、(よん)種類(しゅるい)のもちを(さら)に並べて食べました。

皆で(つく)ったり、(わら)って食べたり、日本語(にほんご)でいろいろ(はな)しました。このコミュニケーションはとても楽しかったです。中国では、餅つきは(しあわ)せな生活(せいかつ)(はじ)まりと()われています。今日の餅つき体験は本当に素敵(すてき)でした。