西尾にほんごひろば



(だい)5回(ごかい)にほんごスピーチ発表会(はっぴょうかい)



2018(ねん)(がつ)25(にち)(日)、西尾(にしお)にほんごひろば主催(しゅさい)一般(いっぱん)公開(こうかい)の「第5回にほんごスピーチ発表会」が(ひら)かれました。




司会
中国
のロテイホウさん

13(めい)発表者(はっぴょうしゃ)のスピーチを、一般(いっぱん)(かた)(ふく)(やく)80名(はちじゅうめい)(ほう)静聴(せいちょう)され、熱心(ねっしん)発表会(はっぴょうかい)になりました。

フェスタに(つづ)き、中国(ちゅうごく)のロテイホウさんが司会(しかい)(おこな)いました。最初(さいしょ)にインドネシアのバクリさんが「インドネシアはきれいな(くに)」を発表され、最後(さいご)司会(しかい)をされたロテイホウさんが「日本(にほん)住む()安心感(あんしんかん)」を発表しました。どの(ひと)(りゅう)ちょうな日本語で話され、大きな拍手(はくしゅ)をいただきました。

その中で、自分(じぶん)(おも)いをこめて「(わたし)(むら)図書館(としょかん)(つく)りたい」を発表されたベトナムのトランさんの発表(はっぴょう)紹介(しょうかい)します。

       



 
     
   
松尾審査委員長

富田審査員 
 
大内さん
(わたし)(むら)図書館(としょかん)(つく)りたい              
 

ベトナムのトランさん
 (みな)さん、こんにちは。ベトナムのトランです。私はベトナムの田舎(いなか)()まれ(そだ )ちました。子供のころ(いえ)(まず)しかったので、両親(りょうしん)は一日のほとんどの時間を仕事(しごと)(つい)やしていました。私も毎日(まいにち)放課後(ほうかご)母親(ははおや)家事(かじ)を手伝いました。  

子供のころベトナムの伝統的(でんとうてき)遊び(あそび)夢中(むちゅう)で、(ほか)のことに関心(かんしん)がありませんでした。でも大学に(はい)った(とき)から、本を()(はじ)めました。本を読むようになって、(わたし)()わりました。

 

本を読む人と読まない人とでは、()える世界(せかい)(まった)(ちが)うと思います。(たと)えばここに3人の人がいたとします。全く本を読まない人と、ある程度(ていど)本を読む人と、沢山(たくさん)()むひとです。

一人目は真実(しんじつ)が見えていないので、テレビなどの情報(じょうほう)をそのまま()け入れてしまいます。

二人目は一人目とは(ちが)い、物事(ものごと)裏側(うらがわ)が見えている人です。簡単(かんたん)情報(じょうほう)をそのまま()け入れたりしません。三人目は現実(げんじつ)(ふか)理解(りかい)した上で、(あか)るい未来(みらい)を見ることができる人です。本を読むことで自分が()らなかったことを()につけることができ、知識(ちしき)がどんどん()えていきます。この知識(ちしき)は人生の一番(いちばん)大切(たいせつ)財産(ざいさん)になります。

 私の国ベトナムはまだ(まず)しいですから、読書(どくしょ)一番(いちばん)大切(たいせつ)なことだと思います。ですから本を()きになる人を()やしたいと思います。(わたし)(ゆめ)自分(じぶん)()まれた(むら)図書館(としょかん)(つく)ることです。色々な話題(わだい)の本を(そろ)えたいです。図書館で、子供はマンガや小説(しょうせつ)などを読むことができます。また勉強(べんきょう)のために、参考書(さんこうしょ)が読めます。大人は農業(のうぎょう)とか技術(ぎじゅつ)とか自分たちの生活を良くするのに役立(やくだ)つ本を(さが)すことができます。  

皆さん、一冊(いっさつ)(ほん)(ひら)いて、読んで(かんが)えてみてください。毎日一ページずつ本を読み続ければ、(あたら)しい世界が目の前に(ひら)けます。これが私の(みな)さんに話したいことです。