七夕(たなばた)について」


2019(ねん)(がつ)7日(なのか)(にち))、「せいかつにほんご」クラスにて七夕の授業(じゅぎょう)(おこな)いました。

参加者(さんかしゃ):50(めい)

毎年(まいとし)恒例(こうれい)の「七夕」の授業。

今年(ことし)紙芝居(かみしばい)()むときにN2N3のクラスの学習者(がくしゅうしゃ)に参加してもらい紙芝居に()わせて寸劇(すんげき)を行いました。まだまだ日本語(にほんご)未熟(みじゅく)なクラスなのでこの寸劇で多少(たしょう)理解(りかい)してもらえるかと(こころ)みましたが、時折(ときおり)(わら)(ごえ)()こえわかってもらえたようでした。

紙芝居のあとには織姫(おりひめ)彦星(ひこぼし)(ささ)(かたち)をおりがみで(つく)りました。笹の形は(すこ)(むずか)しかったようですが、ボランティアさんの(たす)けを()りながら仕上(しあ)げていました。(はじ)めておりがみをする学習者も(おお)童心(どうしん)にかえって(たの)しむことができました。

その()短冊(たんざく)(ねが)いを()きました。「日本語が上手(じょうず)になりたい」「結婚(けっこん)したい」

富士山(ふじさん)にのぼりたい」(なか)には「公認(こうにん)会計士(かいけいし)として成功(せいこう)したい」という(おお)きな(ゆめ)もありました。

この()KATCH(キャッチ)取材(しゅざい)がありカメラが(まわ)っているせいか、緊張(きんちょう)面持(おもも)ちで、いつもは積極的(せっきょくてき)発表(はっぴょう)する学習者がやや(しず)かだったことが印象的(いんしょうてき)でした。

今回(こんかい)ちょうど七夕の日「7月7日」と(かさ)なりました。みんなの願いも同時(どうじ)(かな)うといいいですね。