本場(ほんば)中国(ちゅうごく)餃子(ぎょうざ)(にく)まん(りょう)()(きょう)(しつ)


2015(ねん)12(がつ)17(にち)((もく)) 日本語(にほんご)(きょう)(しつ)(もく)(よう)クラスで、餃子(ぎょうざ)(にく)まん料理(りょうり)教室(きょうしつ)(ひら)かれました。(そう)(ぜい)20(めい)で、(ちゅう)(ごく)(ひと)(たち)()(どう)してもらいながら餃子と肉まんを(つく)りました。


中国の人達が作っているのを()ると、とても(かん)(たん)そうなのに、餃子や肉まんの(かわ)(めん)(ぼう)(まる)くのばすのは(むずか)しく、皮に()をのせて(つつ)むのもなかなか上手(うま)くいきませんでした。(みず)使(つか)わずに()圧力(あつりょく)だけで皮をくっつける(うえ)に、(すこ)しでも(あな)(ひら)いているとそこから(にく)(じゅう)()てしまい、すかすかの餃子になってしまいます

みんなが、(ねん)()でもこねているかの(よう)にもたもたと、餃子の皮に具を()めている(よこ)で、中国の(ひと)(たち)は、1,2(びょう)で具を詰めていくので、「流石(さすが)(ほん)()(ちが)う!」と(みな)(かん)(たん)(こえ)をあげていました。
 
 

   
 餃子の皮は、日本(にほん)のスーパーで()っている(もの)よりも分厚(ぶあつ)く、ニンニクは、餃子の具にもタレにも()れませんでした。だから、中国の餃子は、(しゅっ)(きん)(まえ)だろうが、デートの前だろうが、ぱくぱく()べてしまえるのです。ちなみに、中国で餃子は、ご(はん)一緒(いっしょに)には食べないそうです。皮が分厚いので、ご飯を食べなくてもお(なか)(ふく)れてしまうのです。今回(こんかい)中国の餃子を食べてみて、(なっ)(とく)でした。(おな)じ餃子なのに、中国と日本では、ずいぶん(ちが)っていて、おもしろい(はっ)(けん)ができました。

   
 
 

()(だん)日本語教室木曜クラスでは、(せん)(せい)(せい)()(いっ)(たい)一で(べん)(きょう)しているので、なかなか(ほか)の人達と(はな)()(かい)がないのですが、料理教室で参加者(さんかしゃ)全員(ぜんいん)(はな)せてとてもよかったです。