中国(ちゅうごく)餃子(ぎょうざ)とフィリピンのスープ




日本語(にほんご)教室(きょうしつ)木曜(もくよう)クラスは、2016(ねん)12(がつ)8日(ようか)木曜日の教室は、勉強(べんきょう)をお(やす)みにして、福祉(ふくし)センター(ない)(かい)調理室(ちょうりしつ)で、「学習者(がくしゅうしゃ)出身(しゅっしん)(こく)料理(りょうり)一緒(いっしょ)(つく)って(あじ)わう」という(もよお)しを学習者9名、ボランティア14(めい)という参加者(さんかしゃ)(おこな)いました。

中国の餃子とフィリピンのスープ ホットタイが今回(こんかい)のメイン料理でした。料理上手(じょうず)の学習者の指導(しどう)のもと、ボランティアも学習者も一緒になって、野菜(やさい)(きざ)む、(こな)()るなどの作業(さぎょう)をする(なか)で、あちらこちらで(わら)(ごえ)があがっていました。


このような生活(せいかつ)一部(いちぶ)()()った場面(ばめん)机上(きじょう)ではできない日本語の(まな)びとなり、また、クラスで一緒になる仲間(なかま)一気(いっき)仲良(なかよ)くなることができます。

  
   

   
餃子の皮は、日本(にほん)のスーパーで()っている(もの)よりも分厚(ぶあつ)く、ニンニクは、餃子の具にもタレにも()れませんでした。だから、中国の餃子は、(しゅっ)(きん)(まえ)だろうが、デートの前だろうが、ぱくぱく()べてしまえるのですちなみに、中国で餃子は、ご(はん)一緒(いっしょに)には食べないそうです。皮が分厚いので、ご飯を食べなくてもお(なか)(ふく)れてしまうのです。今回(こんかい)中国の餃子を食べてみて、(なっ)(とく)でした。(おな)じ餃子なのに、中国と日本では、ずいぶん(ちが)っていて、おもしろい(はっ)(けん)ができました。

 
 

出来上(できあ)がったばかりのあつあつをみんなで、ほふほふ()いながらいただきました。おいしいものが大好(だいす)きというのはどの(くに)共通(きょうつう)なのだということはみんなの笑顔(えがお)証明(しょうめい)していました。