餃子(ぎょうざ)パーティー
 

日本語(にほんご)教室(きょうしつ)木曜(もくよう)クラスは、2017(ねん)12(がつ)14()(もく)(よう)()西尾市(にしおし)福祉(ふくし)センター(ない)調理(ちょうり)実習室(じっしゅうしつ)で「餃子(ぎょうざ)パーティ」を(おこな)いました。参加者(さんかしゃ)のボランティア11(めい)(がく)(しゅう)(しゃ)12(めい)は、餃子(ずく)得意(とくい)中国人(ちゅうごくじん)学習者(がくしゅうしゃ)4名指導(しどう)(もと)(かわ)から手作(てづく)りする3種類(しゅるい)餃子(ぎょうざ)(つく)りました


  
具材(ぐざい)は、白菜(はくさい)、ねぎ、しいたけ、春雨(はるあめ)豚肉(ぶたにく)(はい)った王道(おうどう)と、人参(にんじん)、たまねぎをみじん()にし、(いた)めて豚肉(くわ)えた個性派(こせいは)。そして、豚肉が()べられない学習者のために、()(たまご)とニラで(つく)った、これまたレアな一品(いっぴん)の3(しゅ)でした。野菜(やさい)をきざみながら()いている参加者がいたので(ちか)づくと、(なみだ)原因(げんいん)はたまねぎでした((わらい))。(ちゅう)(ごく)(じん)(めい)()(どう)(たい)(へん)(きび)しいですが、()(さい)もよくて(かん)(しん)しっぱなしでした。
(かわ)(ずく)では、中華(ちゅうか)料理(りょうり)店主(てんしゅ)学習者(がくしゅうしゃ)腕前(うでまえ)発揮(はっき)し、学習(がくしゅう)()は「日本語(にほんご)むずかしい」と(こま)った(かお)をしているのに、今日(きょう)(みず)()(さかな)のようにボランティアにあれこれアドバイスをしていました。

状況(じょうきょう)によっては立場(たちば)逆転(ぎゃくてん)することがあるのですよね。だから、日本語教室では、(みな)先生(せんせい)(みな)生徒(せいと)なのです。

餃子の(ほか)にも、フィリピンの鶏肉(とりにく)のミルクスープ、ホトタイと、(がく)(しゅう)(しゃ)()()れの(とり)のから()げも(くわ)わり、ワイワイおしゃべりしながらおなかいっぱいになるまでみんなで作った料理(りょうり)(あじ)わいました