点心(てんしん) パーティ」

 

日本語(にほんご)教室(きょうしつ)木曜(もくよう)クラスは2018(ねん)12(がつ)13(にち)(木)に、福祉(ふくし)センター2(かい)調理室(ちょうりしつ)で「点心パーティ」を(おこな)いました。ボランティア10(めい)学習者(がくしゅうしゃ)10名、学習者の()ども2名が参加(さんか)しました。


メニューは、中国人(ちゅうごくじん)学習者の指導(しどう)による
餃子(ぎょうざ)」と、ベトナム人学習者の指導による「()春巻(はるま)き」と、日本人ボランティアによる「コーンスープ」でした。




 
 

中国人の学習者は調理室にやってきてすぐに、小麦粉(こむぎこ)(みず)で餃子の(かわ)()(はじ)めました。練った(あと)(すこ)()かせておくのがモチモチになるコツだそうです。調理(だい)ごとに、餃子は白菜(はくさい)、しいたけ、ニラを、春巻きは人参(にんじん)、きくらげ、ニラ、春雨(はるさめ)(とう)(きざ)んでいきます。それをよく練り、最後(さいご)にその(くに)独特(どくとく)のスパイスを()れて具作(ぐづく)りが(かん)(りょう)すると、学習者が先生(せんせい)になって具を巻いていきます。「先生、(ちが)う!違う!」「むずかしい!もう一回(いっかい)(おし)えて!」「こうですよ」と日本語クラスの(とき)とまったく立場(たちば)()わっていたのがとても面白(おもしろ)かったです。


   
 
 

ボランティアがコーンスープを(つく)っていると、木曜クラスの学習者は主婦(しゅふ)(おお)いので「(わたし)(いえ)で作ってみたい」「私はこうして作るよ」と、まるで料理(りょうり)教室(きょうしつ)のようでした。

できたての熱々(あつあつ)をみんなで頬張(ほおば)り「おいしいね」「(たの)しいね」と()()いました。一緒(いっしょ)に調理をすることは、学習者にとっては言葉(ことば)理解(りかい)(すす)むことになり、また(たが)いの文化(ぶんか)を理解することにつながると(おも)いました。

なにより「おいしいものが()き!」というのは万国(ばんこく)共通(きょうつう)ですね!