にしおっこカラフル

 
ハートフル(まつ)りに参加(さんか)


2018(ねん)9(がつ)16(にち)
(日)ハートフル祭り(主催(しゅさい):デンソー、場所(ばしょ)刈谷(かりや)のデンソー本社(ほんしゃ))、に参加して()ました。にしおっこカラフルの()どもと(おや)たち39(にん)電車(でんしゃ)()って()きました。

   

ハートフル祭りは1年に一度(いちど)、デンソーが社会(しゃかい)のためにする(おお)きなイベントです。「()る・()く・体験(たいけん)する」ことを(とお)して,みんなが「社会のためにできること(身近(みぢか)な・気軽(きがる)な社会貢献(こうけん))に()づく」、「(あたら)しい仲間(なかま)とつながる」、「自分(じぶん)にできることを発見(はっけん)する、行動(こうどう)する」きっかけとなることを目指(めざ)しているそうです。   

にしおっこカラフルの子どもたちは、愛知(あいち)淑徳(しゅくとく)大学(だいがく)小島(こじま)祥美(よしみ)先生のもとで、ほかのお(きゃく)さんといっしょにワークグループに参加しました。海外(かいがい)から日本(にほん)に来た子どもたちのことを()ってもらいました。   
   

(はじ)めにグループことに自己(じこ)紹介(しょうかい)をしました。それから「日本にはどの(くに)から来た人が一番(いちばん)(おお)い?」、「愛知(けん)では?」、「愛知県で日本()がわからない(日本語指導(しどう)必要(ひつよう)な)子どもの人数(にんずう)は?、日本で何位(なんい)か」など質問(しつもん)をみんなで(かんが)えました。(むずか)しかったです。

(つぎ)にカラフルの中学生(ちゅうがくせい)高校生(こうこうせい)たちがみんなの(まえ)でインタビューを()けました。「初めに日本に来た(とき)(こま)ったこと」などについて,頑張(がんば)って日本語で(はな)しました。一人(ひとり)の高校生は初来日(はつらいにち)の時,「日本のお辞儀(じぎ)意味(いみ)()からなくて,どうすればいいのか,わからなかった」と話した高校生もいました。

最後(さいご)に日本人と外国人(がいこくじん)()らしやすい社会にするために,自分たちは(なに)をすればいいのが考えました。()言葉(ことば)画用紙(がようし)()いて発表(はっぴょう)しました。園児(えんじ)低学年(ていがくねん)の子は自分の(ゆめ)()きました。

   

ワークショップの(あと)(かい)場内(じょうない)を見てまわりました。(たの)しく(あそ)びながら(まな)ぶことができました。日本の会社の()さを身近に体験できたので、「(ぼく)(おお)きくなったら、この会社で(はたら)きたい」、「来年(らいねん) また()きたい」と()った子が 何人もいました。

<子どもたちの感想(かんそう)

916日に行ったハートフル祭りは とてもたくさんのことを学ぶことができました。色々(いろいろ)(ひと)出会(であ)って、一緒(いっしょ)に考えたりしながら,楽しくやれたと思います。学校(がっこう)ではあまり話さないのですが、(わたし)(おも)ったよりいっぱい話せました。午後(ごご)質問(しつもん)コーナーがあって,そこで私は前に出てしゃべりました。思ったより緊張(きんちょう)してしまったけど,楽しかったです。

 by 高木(たかぎ)ハルカ(インドネシア)


ぼくはデンソーへ行きました。楽しかったです。もう一回(いっかい)行きたいです。

by グエンビンズン(ベトナム)  


楽しかったです。プレゼントがいっぱいもらったから。(おも)いけど,たのしかったです。

 by 浜辺(はまべ) (ふう)()(ベトナム)