西尾市国際交流協会設立20周年記念式典及び記念講演会について

2013年8月18日(日)午後1時から西尾市文化会館小ホールにて、西尾市国際交流協会(NIA)設立20周年記念式典及び記念講演会が開催されました。

 







式典では国際交流協会会長の杉浦明博氏から
「外国人と日本人との多文化共生社会の実現を目指し外国人と日本人が相互理解を深め合えるよう、西尾市における国際交流と多文化共生に尽力してまいります。」と挨拶がありました。

 
 





また、西尾市長、西尾市市議会議長、衆議院議員など多くの来賓の方々にもご出席いただき、お祝いの声をいただきました。姉妹都市であるポリルアの市長からもお祝いのメッセージをいただき、今年度の姉妹都市高校生訪問団員が英語と日本語にて代読してくれました。

 
 




その後5月に急逝された前辻村会長への特別功労賞や20周年記念ロゴマーク最優秀賞受賞者への表彰も行われました。

 

最後ににしおっこカラフルの子どもたちがナレーションにて参加した「国際交流協会20年のあゆみ」をスライドショーにて紹介し、式典が終わりました。一般のお客様もこのスライドショーを見て、協会の日頃の活動をより理解していただけたと思います。

 
 

式典終了後にはパックンマックンの「笑撃的国際交流」と題した記念講演会が開催されました。国際交流についての話や英語の学習法、またインタビュー形式での英会話など多彩な話芸に会場内は終始笑いが絶えませんでした。日頃テレビで活躍するお二人の様子から拝見する以上に楽しくそれでいてためになる、20周年記念にふさわしい講演でした。会場のお客様からも「すごく楽しかったよ」「久しぶりに大笑いした」という声も聞かれ開催した私たちもパックンマックンに来ていただけて本当に良かったと思いました。

今回司会には日本語以外に英語・ベトナム語の通訳も取り入れ、日本語があまり理解できない外国人にも理解してもらおうと初の試みを行いましたが、こちらも大成功で会場内が国際交流らしい雰囲気に包まれていました。