国際交流 in にしお 20th」駅西イベント


日時 2013年10月20日(日)午前10時〜午後3時

場所 名鉄西尾駅西広場


「ITサロンNIA」
 

「外国人との共生社会」をテーマにITサロンNIAの部会は2013年10月20日()午前10時〜午後3時まで西尾駅西にて外国人と一緒に楽しくデジカメ写真無料サービスを開催しました。


 前日には駅の近くでチラシ配りをし、皆さんにPRしたりブースの下見をしたりと準備もバッチリで迎えた当日、残念ながら大雨、スタッフの皆様は早朝より開催準備、本当にご苦労様でした。ITサロンNIA部員20名も8時よりブースの準備をし、オープニングセレモニーの後プリントサービスを始めました。

 大雨ではありましたが78名のご来場者(ペルー・モンゴル・ブラジル・ベトナム・ドイツ・中国・タイ・日本他)がありカメラ係は大雨の中ご要望に応えようとお気に入りのポーズで写真をと真剣に取り組みました。

   


 体中が冷え切った中カイロが配られたり、ベトナムで温かいコーヒーサービスやフィリピンのおいしいクッキー等提供いただき、とても嬉しく思いました。
フィナーレはマイムマイムダンスで大いに盛り上がって終了しました。

 大雨の中、皆で協力しあい開催したこのイベントはきっと良い思い出になることでしょう。

(K・S) 

 「西尾にほんごひろば」
 

今日、私は朝早めに起きて西尾市国際交流協会のアンケート活動に参加しに出かけました。出かける時、雨が降っていたので、日本人はこの雨の中でアンケートに答えてくれるのかとちょっと心配でした。そしてクラスメートと頑張りましょうと声をかけあってアンケート調査を始めました。雨なのに日本人はみんな優しくて真剣にアンケートに答えてくれたし、私たちに日本語が得意ですねとかもっと頑張ってくださいとか励ましてくれました。本当に日本人に感動しました。

   
 
 アンケート調査している時何人かの日本人と仲良くなりました。また、私の国に旅行した日本人にも会ってとても嬉しかったです。アンケート調査したおかげで、これからもお互いに協力して国際交流の架け橋になれるように、できるかぎり一生懸命に頑張りたいという気持ちになりました。心から感謝しています。これからもよろしくお願いします。

「日本語教室(木曜クラス)」

 木曜クラスでは『水習字』で “書道”を体験していただきました。

 水習字用の紙に、水をつけた筆でまず練習。そして、お手本を見ながら墨で清書しました。 外国人の方々は「ワタシノカイタ、カンジ〜♪」と、言って墨で書いた作品を持ち帰られました。日本人の方も「習字なんて何年ぶりかなぁ?久しぶりに書くと楽しいねぇ」と話されていました。
   
     

 『愛』という漢字が人気でしたが、日本人男性と結婚された外国人の奥様は『愛情』のニ文字にチャレンジ!時間をかけ、ゆっくりと書かれた『愛情』を御主人に感謝を込めてプレゼントされました。とても微笑ましく、また“書道”という日本文化に触れていただく機会ができて嬉しかったです。
 荒天の中、多くの来場者があったことを知り、満足感でいっぱいでした。

 「にしおっこカラフル」
 大雨の中の駅西イベント。悪天候の中でしたが、たくさんの方がブースを訪れてくれました。カラフルの子供たちも一生懸命お手伝い。雨の中傘をさしてチラシを配ってくれたり、ブースの中で来てくれた方にあいさつしたり。子供たちにとってとても貴重な体験となりました。
   
「交流英語」 
 朝からあいにくの雨で、参加者が心配でした。しかし、以下の写真のように、交流英語のブースでは、AETの先生を囲み、みんな和やかに、又、熱心に英語を勉強しました。
雨にも負けず、風にも負けず・・・・・参加者: 28名 

講 師 (AET):マシュー・カスレン、ヨルン・モラー、
         ウィル・マンガム
 
 
        マシュー・カスレン先生
  ヨルン・モラー先生  
ウィル・マンガム先生
 
 「ABC英会話」

私達のABC英会話クラスは、折り紙を通して、海外の方に日本の文化にふれて頂きたいと、それを貼るパネルと20年のあゆみの写真パネルを準備しました。

 運悪く一日中雨でした。屋外イベントでの雨はとても残念でした。芝の広場も水びたしで川まで出来て移動するのも大変な状態でした。おもてなし側としては申し訳ない気持でいっぱいでした。来場者も大変であったと思います。
 
   
 

親子連れや外国の人達が来て下さって、自分の好きな色の折り紙で好きな作品を作りました。とても楽しそうでした。こんな時屋内であったらどんなに良かったと思ってしまいます。

 S.

 「英会話サークル」

私たち英会話サークルは、活動写真のパネル展示と、事務局の外国人相談アンケートのお手伝いをしました。訪れて来て下さった外国人の方は国籍も様々で、故郷を離れて暮らす皆さんのお話を聞ける場面もありました。皆西尾の町が、人が好きと言ってくださったのでとても嬉しく感じました。 アンケートについては翻訳もされていたので外国人の方も楽に答えてくれましたが、「外国人相談」を受けることなく生活できるといいですね。
 
 
 この後は、お隣の西尾警察署ブースにもご案内させていただき、自転車盗難予防の講話を聞き、パトカーのかわいいプリントされたバンドエイドと、自転車に乗っている方には、盗難防止のための鍵を配布していただき、すぐ役立てると皆さん喜んでいました。毎週習っている英会話が役立つ場面もあり、大変有意義な時間を過ごす事ができました。
 
 「異文化理解講座」 

異文化理解/交流ブースとして、ブラジル/ペルー、ベトナム、フィリピンの各国紹介を時間帯を分けて実施しました。西尾にほんごひろばで日本語を学習する学習者と講師ボランティアを中心に準備を進めてきましたが、当日はあいにくの雨。それも結構な大雨。ブラジル/ペルー紹介ではフォーホーというダンス体験を、ベトナム紹介ではダーカウという羽根つき遊びを、フィリピン紹介ではバンブーダンス体験を予定していましたが、雨のため実施できませんでした。それぞれの体験以外にも様々な準備をしていたので、とても残念でしたが、その中でできることを行いました。ブラジル/ペルーはブースが綺麗に彩られ、訪問者を魅了し、10月といえども降りしきる雨で寒さを感じる状況で温かいベトナムコーヒー提供のサービスは盛況をきたし、フィリピンはブースに留まらずお菓子を配布し、総じて活動的にできたのではないかと感じます。

   
  終盤はフィリピンのブースにおいてもベトナム人学習者がベトナムコーヒー提供サービスを継続したり、フィリピン人、ベトナム人一緒にブースを盛り上げ、思わぬ形でワールドコラボレーションが実現しました。真の異文化交流を間近に見てとても嬉しい気持ちになりました。
 
 「 ホームステイ 」 
 ホームステイ部と姉妹都市親善訪問団と協力しての展示です。
1996年ホームステイ部会作成の冊子「気軽に楽しくホームスティ」を拡大、掲示しました。当時、活躍してくれた部員の写真も冊子に掲載されています。懐かしい思い出に浸ることができました。
 また平成25年度姉妹都市親善訪問団の報告の映像を吉良高校の佐竹先生が紹介してくれました。
   

大雨の中、参加した人にとっても、準備を手伝ってくれた人にとっても、忘れられないイベントになったことは間違いありません