キャリア教育でのレクチャー

2014年10月31日(金)午後2時、鶴城丘高校で1年生対象にキャリア教育のレクチャーが行われた。

保育園園長のあとに、旅行会社に勤めた経験のある神谷勉さんが、250人ぐらいの高校生の前で、30年以上の自分の経験を話した。

営業畑を歩んできた神谷さんは、これから就職しようとしている高校生に分かりやすく、会社の成り立ち、目標(予算)を達成するにはどうしたらよいか、自分は何をすべきかを、ユーモアたっぷりに説明した。

高校生の時、数学の集合がまったく分からなくなり、数学が嫌いになったが、英語の文法は分かり、英語が好きになり、英語の勉強に精を出したようだ。



高校生たちは、自分の将来のためにメモをとり、真剣に聞いていた。質問もあった。「修学旅行をするともうかりますか?」という問いに、神谷さんは「おいしいですね」と答え、どっと笑いがあった。「手数料を得ることが代理店の収入だからです。」と答えた。神谷さんは、話を聞いてくれた生徒の中で、一人でも旅行会社の営業の仕事に進んでくれることを願っている。