外国人(がいこくじん)のための防災(ぼうさい)セミナー


2015(ねん)10(がつ)18(にち)(日)午前(ごぜん)10()から、外国人のための防災セミナーが総合(そうごう)(ふく)()センター4(かい)ふれあいホールで開催(かいさい)されました。今回(こんかい)(やく)100(めい)参加者(さんかしゃ)で、西尾(にしお)()危機(きき)管理課(かんりか)職員(しょくいん)から防災の基礎(きそ)知識(ちしき)(まな)びました。 
  杉浦(すぎうら)会長(かいちょう)挨拶(あいさつ)の後、地震(じしん)発生前(はっせいまえ)のテレビや市の無線(むせん)(なが)される緊急(きんきゅう)地震(じしん)速報(そくほう)と、その()大津波(おおつなみ)警報(けいほう)のアラームが(なが)されました。そして地震(じしん)()こった(とき)には、(いそ)いでテーブルの下などに()(かく)すこと、()れが(おさ)まったら安全(あんぜん)公園(こうえん)()難所(なんじょ)などに(のが)れること、津波(つなみ)の時はいち(はや)(たか)場所(ばしょ)避難(ひなん)することが大切(たいせつ)であり、また指定(してい)避難(ひなん)場所(ばしょ)(しめ)すマーク学校(がっこう)公共(こうきょう)建物(たてもの)(まわ)りに表示(ひょうじ)されていること、大雨(おおあめ)台風(たいふう)については(はや)めの情報(じょうほう)収集(しゅうしゅう)重要(じゅうよう)であると説明(せつめい)されました。
 Link : 指定避難場所(していひなんばしょ)のマーク




簡単
(かんたん)
な防災クイズの(あと)は、(うみ)(めん)軟弱(なんじゃく)地盤(じばん)の広がる西尾市は過去(かこ)にも三河(みかわ)地震(じしん)(など)甚大(じんだい)被害(ひがい)にも見舞(みまわ)われたことが(せつ)(めい)され、四年前(よねんまえ)東日本(ひがしにほん)大震災(だいしんさい)発災(はっさい)()宮城県(みやぎけん)名取市(なとりし)(西尾市とよく()地形(ちけい))の(えい)(ぞう)(なが)されました。生々(なまなま)しい現場(げんば)映像(えいぞう)に、参加者は()()るようにその時の様子(ようす)をじっと(なが)めていました。

西尾(にしお)警察(けいさつ)(しょ)からは、地震が()きた時には(ただ)ちに自分の()の安全を(はか)ることが第一(だいいち)であり“シェイクアウト”を(みんな)実践(じっせん)し、また日本語が良く話せなくても(よん)文字(もじ)の日本語“たすけて!”(かなら)(おぼ)えておいてほしい、そして困難(こんなん)なことに直面(ちょくめん)した時に、大声(おおごえ)でこの日本語“たすけて!”(さけ)ぶことが大切(たいせつ)であると話されました。

*ベトナムのフォンさんの感想(かんそう)

日本で()らす以上、やはり防災(ぼうさい)知識(ちしき)必要(ひつよう)地震(じしん)(こわ)さや指定(してい)避難(ひなん)場所(ばしょ)(こと)が良く理解(りかい)でき、(たの)しく(まな)べた。

*モンゴルのガンチメグさんの感想

地震の怖さを(はじ)めて知った。3月のフェスタでは、起震車(きしんしゃ)のナマズ(ごう)にも()ってみたい。

以上(いじょう)プロジェクターによる説明とクイズ、緊迫(きんぱく)した東日本の大震災(だいしんさい)映像(えいぞう)()()ぜ、充実(じゅうじつ)した1時間半でした。
あとから、*ベトナムのチャンさんから防災セミナーの感想文(とど)きましたので、紹介(しょうかい)します。

(みな)
さんご(ぞん)じのように、日本というと、地震(じしん)津波(つなみ)がよく()きる国です。その自然(しぜん)災害(さいがい)のせいで、経済(けいざい)人間(にんげん)(いのち)を大変に(がい)します。それで、西尾市国際交流のボランティアの先生と市役所と警察(けいさつ)(かた)のおかげで、「〜防災(ぼうさい)すること〜」に(かん)してセミナーを(おこな)ってくれました。参加した人はほとんど外国人たち;ベトナム人、インドネシア人、モンゴル人、ブラジル人。(ほか)には子供たちが(おお)かったです。


   
 
授業(じゅぎょう)雰囲気(ふんいき)はかなりにぎやかでした。市役所の方がしっかり準備(じゅんび)しましたから、いろいろな()講義(こうぎ)はとても分かりやすかったんです。そのうえ、私たちは質問(しつもん)(こた)えるゲームに参加(さんか)しました、正解(せいかい)してプレゼントをもらった人もいました。ほとんどの質問は簡単(かんたん)でしたが、私は間違(まちが)っちゃったんです。その問題は「(かみなり)がある(とき)、木の下で(かく)れたほうがいいと思いました」、でも正解(せいかい)は「部屋(へや)へ早く帰ります」。そのとき、()ずかしかったです。この講義には、西尾警察の方からもありました。(ふた)つの大切(たいせつ)な問題は「地震が()きたときの(かく)れ方はどうしますか?日本人も間違(まちが)いました」。「たすけて」の(こえ)の出し方を(おぼ)えてください」と()われました。それから警察の方のやってくれたとおりにやりました。


さいごに、西尾市(にしおし)国際(こくさい)交流(こうりゅう)協会(きょうかい)のボランティアの方からの(はなし)がありました。もう一度「たすけて!たすけて!たすけて!」と()いました、マイクを()たないで、大きな声でさけびました。会場(かいじょう)では、(みな)さんから(おお)きな声ではっきり言うことができました。メッセ一ジとして、「(いのち)(まも)るために、このセミナーはある」。

1時間30分ぐらいで授業(じゅぎょう)が終わりました。私たち、災害(さいがい)()きる時の防災(ぼうさい)がよくわかりました。

 
 
西尾市国際交流協会のボランティアの先生(せんせい)と市役所と警察(けいさつ)の方、どうもありがとうございました。感謝(かんしゃ)いたします。