寺津(てらづ)中学校(ちゅうがっこう)2年英語(えいご)授業(じゅぎょう) 

2015(ねん)11(がつ)12(にち)(もく))、寺津中学校2年の英語授業にゲストティ―チャ―として外国人(がいこくじん)(めい)日本人(にほんじん)2名が参加(さんか)した。

  やや緊張感(きんちょうかん)のある(なか)自己(じこ)紹介(しょうかい)から(はじ)まった。ユーモアたっぷりの自己紹介で、生徒(せいと)たちの緊張感もゆるんできた。ゲストティ―チャ―が(せき)につき、2、3名のグループの一人目(ひとりめ)が Show & Tell を(はじ)めた。自分(じぶん)(つた)えたいことを()()げる生徒、(なん)とか(つた)えようとジェスチャー、(もの)使(つか)って(つた)えた生徒もいた。先生からは、その熱心(ねっしん)さ、内容(ないよう)のおもしろさが(つた)わり、()みがこぼれ(はじ)めた。 
ある生徒が伝えようとしていた(とき)()の生徒たちもその人に()()っていた。ソーランを(おど)りだす生徒もいた。また、寺津中学校のジャ―ジを紹介(しょうかい)し、自分はそのジャージが一番(いちばん)()きだと言ったら、先生が西尾(にしお)中学校(ちゅうがっこう)のジャージの(ほう)(わたし)は好きですと()った。その先生は、西尾中の出身(しゅっしん)だった。上手にプレゼンした生徒と先生に、みんなの(まえ)再現(さいげん)してもらい、そこから good points を発表(はっぴょう)した。そしてゲストティ―チャ―からコメントがあった。

   

最後(さいご)に生徒から、Thank you very much. のことばがあり、自分、自分の学校の()さを英語でプレゼンすることで、自己(じこ)肯定感(こうていかん)()していく、素晴(すば)らしい授業が()わった。

すべて終わって、先生たちは、満面(まんめん)()みを()かべ、感情(かんじょう)あふれるスピーディ―な英語で感想(かんそう)()()っていた。[M.H.]


≪授業後の生徒の感想(かんそう)



Let’s introduce the good points of Terazu JHS」は英語を活用(かつよう)するよい機会(きかい)になったと思います。いつもは、(えい)文法(ぶんぽう)(なら)って、「こういうときは、こういう表現(ひょうげん)をします」という勉強ばかりだけど、今回(こんかい)は、「外国人の方に、寺津中学校のよさを(つた)える」というテーマだけをもとに、どんな表現(ひょうげん)を使うかを自分で(かんが)えなければいけない中で、スタートし、まずはじめの言葉(ことば)から(なや)みました。でも、「はじめのあいさつ、寺津中のよさ、()わり」を、自分なりに構成(こうせい)していき、なんとか文を完成(かんせい)させられました。   
プレゼン当日(とうじつ)はとても緊張(きんちょう)したけど、先生や、ゲストの方、(おな)じグループの人たちにサポートしてもらい、プレゼンすることができました。英文(えいぶん)構成(こうせい)し、発表することは、練習(れんしゅう)でカバーすることができたけど、質問(しつもん)などに答えるのに苦戦(くせん)してしまったので、もっとこのような機会(きかい)体験(たいけん)して、実践的(じっせんてき)な英語をもっと体験(たいけん)し、使っていきたいです。ゲストの方のお話も、ものすごく興味深(きょうみぶか)くて、おもしろい話だったので、もっと英語力を(たか)めて、また、お(はな)したいと思いました
A. K.
 
 
  僕は給食(きゅうしょく)のことで英文を書きました。最初(さいしょ)、どんなことを書くのか(まよ)い、たくさん時間を使ってしまい、資料(しりょう)の写真を(すべ)用意(ようい)することができませんでした。しかし、用意した写真は上手(じょうず)活用(かつよう)することができました。本番(ほんばん)当日(とうじつ)は緊張して、最初のゲストの方との対話(たいわ)(とき)は、アイコンタクトやジェスチャーができずに()わってしまいました。ゲストの方が何を()っているかわからなくなったときに、ゆっくり、簡単(かんたん)な英文を使って質問(しつもん)してくださいました。 

それでも(ぼく)がわからないときは、単語(たんご)のみで質問してくださったおかげで、楽しく会話ができて緊張も()けて思い(どお)りのスピーチができました。ゲストの方々には感謝(かんしゃ)の気持ちでいっぱいです。また、ゲストの方々(かたがた)と英語でお話がしたいです。【G. O.



私は寺津中学校のマーク((こう)(しょう))について紹介(しょうかい)しました。「寺津は保育(ほいく)(えん)、小学校、中学校とマークがつながっており、幼虫(ようちゅう)からさなぎ、そして(ちょう)へと成長(せいちょう)していきます。」と英語で紹介したら、とても反応(はんのう)してくれ、とてもうれしかったです。私はゲストの方も一緒(いっしょ)に参加を(すこ)ししてもらえたらと思っていたので、質問(しつもん)をしたらまじめに(こた)えてくれました。私は「この寺津の地にお(しろ)があり・・・」と説明(せつめい)したら(おどろ)いてくれたり、「なるほど」と言ってくれたり、反応(はんのう)が大きかったので、この題材(だいざい)にしてよかったなと思いました。
 
 
ゲストの方々に質問されたりすると、YesNoでしか返事(へんじ)(かえ)すことができなかった(てん)が私の反省(はんせい)です。質問がそこで途切(とぎ)れてしまい、無言(むごん)になってしまった場面(ばめん)もありました。Yes, but・・・でつなげたりする方法(ほうほう)はいくらでもあったのにと、とても後悔(こうかい)しました。私は、これからの英語の授業で、YesNoだけでなく、それに()(くわ)えて答えることができるように意識(いしき)していきたいです。それと、相手(あいて)が話しているときにうなずいたり、驚いたりと反応(はんのう)をたくさんしてあげると、相手(あいて)(よろこ)んでくれると自分が体験(たいけん)してわかったので、表情(ひょうじょう)(ゆた)かにしたり、自分から質問(しつもん)していきたいと思います。また、すぐに質問を(かえ)せるように、英語の勉強をがんばっていこうと(おも)います。【H. O. 
 
   私はあまり英語が得意(とくい)ではないので、文を書くときからすごく(むずか)しいなと思いました。でも、文を書く時は辞書(じしょ)調(しら)べながらできますが、昨日(きのう)のゲストの方々(かたがた)との会話では、辞書で調べられないので、(まった)く何を言っているのかわかりませんでした。でも、(おな)じチームの人たちが何を言っているのかを(おし)えてくれたので、私も質問(しつもん)(こた)えることができました。さらに、ゲストの方々(かたがた)もわかりやすく私に質問を(つた)えようとしてくださったので、ありがたいなと(おも)いました。 

会話は所々(ところどころ)英語を間違(まちが)えてしまいましたが、会話自体(じたい)は成り立っていたので、本当によかったなと思いました。でも、また、(つぎ)に外国人の方々と話すような機会(きかい)があるときは、今回(こんかい)よりも英語を間違えないようにしたいと思いました。私は、ゲストの方々に寺中のよさを紹介(しょうかい)するとき、文の書いてある(かみ)ばかり見てしまったので、もっとジェスチャーなども(くわ)えながら紹介していれば、もっとわかりやすく寺中(てらちゅう)のよさを紹介できていたかもしれないなと思いました。なので、ジャスチャーも大切(たいせつ)なんだとわかりました。【S. S.

 
初めは寺中のいい(ところ)ってなんだろうと思って(かんが)えてジャージを思いついたけど、実際(じっさい)文章(ぶんしょう)を作り(はじ)めてみると、ジャージについてどう表現するのかが(むずか)しかったです。比較(ひかく)のために、他校(たこう)のジャージを使いたかったのですが、実物(じつぶつ)を手に入れることはできなかったので、インターネットを使(つか)いました。しかし、インターネットで(さが)すのにも()(ろう)しました。当日(とうじつ)、ゲストの方々と話をしたとき、自分(じぶん)から話しているときは、しっかりとした反応(はんのう)をしてもらって、ゲストの方々からも(ぼく)が話した内容(ないよう)(かん)する質問があり、ちゃんと英語が伝わっていたんだと安心(あんしん)しました。   
しかし、僕の何倍(なんばい)も英語をすらすら話せる人たちと話していると、質問(しつもん)されても何を言われたか()からなかったりして、何度か(かた)まってしまいました。しかし、会話を(つづ)けているうちに、だんだんと質問の内容がわかってきて、最後(さいご)のほうは(たの)しくゲストの人たちと会話(かいわ)をすることができました。【R. H