西尾(にしお)高校(こうこう)国際(こくさい)理解(りかい)講座(こうざ)



2017(ねん)(がつ) 7(なの)()()午後(ごご)西尾市(にしおし)国際(こくさい)交流(こうりゅう)協会(きょうかい)から、3(にん)(かた)が、西尾高校へ1年生(ねんせい)英語(えいご)授業(じゅぎょう)をしに()きました。その(とき)感想(かんそう)が、(とど)いているので、紹介(しょうかい)します。


<西尾高校1年 フジスティエ レミ さんへの感想>
 

スイスのことを()くなかで、日本(にほん)との(ちが)いがよく()かった。ぼくは、スイスについて、永世中(えいせいちゅう)立国(りつこく)であるということしか()らなかったけれど、(はなし)を聞くと日本の社会(しゃかい)仕組(しく)みとは(まった)く違っていて、それぞれの(くに)によって全然(ぜんぜん)違うのだと分かった。なかでも、スイスにいる(おお)くの人が異国人(いこくじん)であるということに、日本では(かんが)えられず、想像(そうぞう)できないことなので(おどろ)いた。スイスでは、行政(ぎょうせい)(けん)によって独立(どくりつ)していると()われ、(おな)じ国なのに、一つ一つの県が国のようだと思った。講師(こうし)の方が、母国語(ぼこくご)がフランス語なのに、(りゅう)ちょうに英語をしゃべれていて、さらに日本語(にほんご)もしゃべれたので、自分(じぶん)多言語(たげんご)(あつか)えるようになりたいと(おも)った。外国人(がいこくじん)講座(こうざ)は、なかなか経験(けいけん)できるものではないと思うので、ためになる話を聞けて()かった。

 
   
 

<西尾高校1年 星野(ほしの) 由美子(ゆみこ) さんへの感想>

 香港(ほんこん)存在(そんざい)全容(ぜんよう)をよく知らなかったので、中国(ちゅうごく)(なか)特別(とくべつ)()であること、広東語(かんとんご)を話すこと、英語も話すこと、とてもおおらかなで親切(しんせつ)であることなど、(はじ)めて()ることがたくさんありました。香港の人々(ひとびと)は、(わたし)たちが日本人であることに(ほこ)りをもっているように、香港で()まれ(そだ)ったことに誇りをもっているということを聞いて、香港が人々の心情的(しんじょうてき)にも独立した国であることを感じました。写真の中の香港は、私が想像していたよりもずっと(たか)いビルや、英国(えいこく)町並(まちな)みを思わせる建物(たてもの)(なら)んでいたり、最新(さいしん)歴史(れきし)()じったところだなと思いました。私も行ってみたいと思いました。香港、中国の人が、普通(ふつう)に英語を話す機会(きかい)があるのに(たい)し、日本に()んでいる自分から機会をつくっていきたいです。

 

   

 


<西尾高校1年 岡野(おかの) (なぎさ) さんへの感想>

 

先生(せんせい)実際(じっさい)にアメリカに行って感じた4つの大切(たいせつ)なことを知りました。視野(しや)(ひろ)げること、たがいの文化(ぶんか)が違うこと、いろいろなことに興味(きょうみ)()つこと、たくさん経験することです。自分がただ1点だけを見つめてても()ることが(かぎ)られてしまうので、視野を広げて、いろいろなことにチャレンジすることの大切さを知ることができました。また、特に(こころ)(のこ)った言葉(ことば)が、” Don’t judge a book by its cover.” という言葉です。見た()判断(はんだん)しないで、行動(こうどう)して、中身(なかみ)を見つける。そして、いろいろなものと出会(であ)い、経験していくこと。この言葉を聞いて、すごく心に(ひび)きました。私も今まで見た目で、判断してきた部分(ぶぶん)が多いので、しっかり中身まで見て、判断していきたいです。一度(いちど)きりの人生(じんせい)なので、自分が後悔(こうかい)しないように毎日(まいにち)()ごしていきたいです。