西(にし)()(ちゅう)(がっ)(こう)(ねん)(せい)英語(えいご)による抹茶(まっちゃ)授業(じゅぎょう)

 

2017(ねん)10(がつ)(にち)(もく))、西尾(にしお)中学校(ちゅうがっこう)3(ねん)英語(えいご)授業(じゅぎょう)にゲストティーチャーとして、(がい)(こく)(じん)(めい)参加(さんか)しました。

体育館(たいいくかん)で、小中高(しょうちゅうこう)英語(えいご)先生方(せんせいがた)見て(みて)いる(なか)英語(えいご)授業(じゅぎょう)(はじ)りました。生徒(せいと)たちは、10(がつ)22(にち)にある全校(ぜんこう)茶会(ちゃかい)で、抹茶(まっちゃ)()(かた)、いただき方を英語(えいご)()ようにグループで練習(れんしゅう)していました。

   
突如(とつじょ)外国人(がいこくじん)(あらわ)ました。(りゅう)ちょうな(えい)()(はな)(せん)(せい)()()で、全員(ぜんいん)、お(きゃく)さんの(ほう)()(がい)(こく)(じん)のユーモアたっぷりの()()(しょう)(かい)()きました。生徒(せいと)たちはびっくりしながらも、興味津々(きょうみしんしん)で、一言(ひとこと)ももらさないようにしっかり()ていました。

   
(かく)(はん)からのお(さそ)で、外国人(がいこくじん)はグループに(はい)ていました。全員(ぜんいん)正座(せいざ)(のぞ)んでいました。茶碗(ちゃわん)茶杓(ちゃしゃく)抹茶(まっちゃ)()(あつ)()(そそ)(ちゃ)(せん)()てる。ゲストティーチャーに、マニュアルに(したが)って、英語をどんどん使(つか)()()()している生徒もいました。しかし、ゲストティーチャーがずっと茶筌で(まわ)(つづ)I am tired.」と()ったり、(とき)には、わざと()(ちが)えたりすることで、生徒の英語を(うなが)していました。(まわ)りの生徒と(たす)()いながら、生徒は(なん)とか(えい)()(つた)えようとしていました。英語学習(がくしゅう)としては()(そう)(てき)姿(すがた)(おお)()ることができ、ジェスチャーを多く使っている姿(すがた)には、かわいらしささえ(かん)じることができました。
   

そして、抹茶をマナーに従っていただき、最後(さいご)に「けっこうなお手前(てまえ)でございました」と英語ではなく、日本語(にほんご)()た。「英語では、(なん)という?」という質問(しつもん)()ました。
ネーティブに英語で説明(せつめい)でき、生徒たちは(まん)(めん)()()かべ(たの)しそうでした。その()(ねん)として、(ぜん)(いん)()(ねん)(しゃ)(しん)()りました。この1(まい)は、国際(こくさい)交流(こうりゅう)をした一生(いっしょう)宝物(たからもの)になるでしょう。

10(がつ)22(にち)(にち))に行われる「全校(ぜんこう)茶会(ちゃかい)」で(さい)(かい)するのを(たの)しみに!

10.5授業後(じゅぎょうご)の生徒の感想(かんそう)

(はじ)めてあれだけの(がい)(こく)(かた)(えい)()(はな)しました。(さい)(しょ)(すこ)(きん)(ちょう)したけど、外国の方たちは(した)しみやすくていい(ひと)たちだなぁと(おも)いました。もし、外国の方たちが(えき)などで(まよ)いたら()いる(えい)()使(つか)って(かい)()にチャレンジしてみたいです。(M.K)

(いま)までは英語の勉強(べんきょう)()きではありませんでした。外国の人と交流(こうりゅう)してみて、英語が話せるようになったらどんなに会話が(たの)しめる()だろうと(おも)いました。英語をもっと勉強して話せるようになりたいです。(S.S)

○AET以外(いがい)外国(がいこく)(かた)(はな)(はじ)でした。緊張(きんちょう)しましたが単語(たんご)(なら)だけでも(つた)。伝わった(とき)はとてもうれしかったです。できればお茶会にも()てほしいです。(T.T)

○外国の方が()(まえ)(すわ)った時、ちゃんと(つた)心配(しんぱい)でした。みんな(やさ)ばかりで、カタコトでもなんとか会話をすることができました。緊張(きんちょう)したし、なかなか(おも)ように伝えられなかったけど、とても貴重(きちょう)体験(たいけん)ができてうれしかったです。(N.S)

実際(じっさい)外国(がいこく)の方にお茶の()()説明(せつめい)してみて、単語(たんご)ばかりになってしまったけれど伝わったことがうれしかったです。もっと会話(かいわ)(ひろ)げて抹茶の()さを伝えられるように英語を勉強したいです。(N.Y)

○英語で伝えることはとても(むずか)かったです。でも、外国の人たちに日本(にほん)文化(ぶんか)をもっと()ってもらって、もっと日本のことを()きになってほしいと(おも)いました。(R.A)

(ほん)(こう)伝統(でんとう)行事(ぎょうじ)である全校(ぜんこう)茶会(ちゃかい)()(くだ)(とき)に、外国人(がいこくじん)(こま)ように、英語で抹茶の点て方や飲み方、和菓子(わがし)()べ方を説明(せつめい)できるようになろうと、()どもたちの(まな)(はじ)まりました。(ほん)()んで点て方を(かく)(にん)したり、()(しょ)(たん)()調(しら)べたりしながら、(いっ)(しょう)(けん)(めい)(れん)(しゅう)(はげ)した。実際に外国人を()(まえ)にすると、AET以外(いがい)の外国人と話すのが(はじ)めてという()どもが(おお)く、練習(れんしゅう)した英語も(おも)ように(くち)から()ないようでした。(とく)に、「なぜ茶碗を(まわ)すの?」「結構(けっこう)お点前(おてまえ)でというのはどういう()()なの?」と()かれると、()(まど)(かく)せませんでした。しかし、単語(たんご)(なら)べながらも自分(じぶん)意図(いと)することが(つた)わると、うれしそうな表情(ひょうじょう)()かべていました。授業を()えると、たくさんの子どもたちが「もっと英語を上手(じょうず)(はな)したい」と英語学習(がくしゅう)(たい)する意欲(いよく)(たか)めていました。私たちの授業のために協力(きょうりょく)してくださった国際(こくさい)交流(こうりゅう)協会(きょうかい)(みな)さま、本当(ほんとう)にありがとうございました。(授業者(じゅぎょうしゃ)