「やさしい日本語(にほんご)講座(こうざ)

 

2018(ねん)12(がつ)(にち)(日)午後(ごご)1()から4時まで西尾市(にしおし)総合(そうごう)福祉(ふくし)センター2(かい)(だい)集会(しゅうかい)(しつ)で、多文化(たぶんか)共生(きょうせい)リソースセンター東海(とうかい)代表(だいひょう)理事(りじ)土井佳彦(どいよしひこ)()講師(こうし)(まね)いて、やさしい日本語講座」が開催(かいさい)されました。参加者(さんかしゃ)40(めい)のうち、日本人(にほんじん)が26名で外国人(がいこくじん)が14名でした。 

   2018年11(がつ)現在(げんざい)西尾市(にしおし)に外国人が(やく)9,200(にん)いるそうです。 その内訳(うちわけ)ブラジル(ぶらじる)(じん)中国人(ちゅうごくじん)ベトナム人(べとなむじん)インドネシア人(いんどねしあじん)韓国人(かんこくじん)で、最近(さいきん)アジア(あじあ)(くに)の人が急増(きゅうぞう)しています。共存(きょうぞん)共生(きょうせい)するうえで、(かれ)らとの意思(いし)疎通(そつう)(はか)るために、共通(きょうつう)(げん)()(もと)められます。

日本(にほん)(はたらき)生活(せいかつ)しているのですから、本来(ほんらい)日本語(にほんご)をマスターしてほしいのですが、まずは、使(つか)単語(たんご)一番(いちばん)やさしい言葉(ことば)にすることが、(かれ)らにとって(もっと)()方法(ほうほう)かもしれません。


   
 

今回(こんかい)の「やさしい日本語講座」はとても興味深(きょうみぶか)いものでした。講座(こうざ)では「やさしい日本語」とは?という、基本(きほんてき)講義(こうぎ)があり、その()、グループごとに、外国人(がいこくじん)日本人(にほんじん)との会話(かいわ)や、()み書きを(おこな)いました。

 
 
 

現在(げんざい)日本(にほん)大きな(おおきな)時流(じりゅう)変化(へんか)(むか)えていると思います。少子(しょうし)高齢化(こうれいか)日本(にほん)労働(ろうどう)人口(じんこう)減少(げんしょう)しています。私達(わたしたち)今後(こんご)日本(にほん)働き(はたらき)来る(くる)(おお)くの外国人たちと()かい()わなければならないでしょう。その(なか)で、(かれ)らとのコミュニケーションの手段(しゅだん)として「やさしい日本語」は益々(ますます)重要性(じゅうようせい)()します。今回(こんかい)のような講座(こうざ)はとても有意義(ゆういぎ)なものでした。