ゆかたで盆踊(ぼんおど)


2019(ねん)(がつ)()(にち))、猛暑(もうしょ)にもかかわらず、今年(ことし)も「ゆかたで盆踊り」(西尾市(にしおし)国際(こくさい)交流(こうりゅう)協会(きょうかい)のイベント)が(おこな)われました。参加者(さんかしゃ)は、(やく)120(めい)でした。 

日本(にほん)民族(みんぞく)衣装(いしょう)である(なつ)着物(きもの)「ゆかた」を()てせいぞろい、「かわいい」「かっこいい」の(こえ)と、笑顔(えがお)会場(かいじょう)にいっぱいでした。「ゆかた」の着付(きつ)けには、毎年(まいとし)ボランティアの(かた)協力(きょうりょく)をしていただき、今年(ことし)は23名の方が参加(さんか)してくださいました。どうもありがとうございました。

さあいよいよ、盆おどりスタートです。福祉(ふくし)センター4(かい)のふれあいホールに()(つく)りました。()(なか)に、おどりの先生(せんせい)がいて、おどり方を(おし)えてくださいました。1曲目(きょくめ)は「ダンシングヒーロー」という、リズム(かん)のある曲で、音楽(おんがく)()わせて(たの)しく(おど)ることができました。2曲目は「アンパンマン音頭(おんど)」、3曲目は「郡上(ぐじょう)(ぶし)」4曲目は「花火(はなび)音頭」と日本の伝統的(でんとうてき)な踊りも(なら)うことができました。

最後(さいご)は、「ダンシングヒーロー」で、会場(かいじょう)のすべての(ひと)が、いくつもの輪になっておどることができました。1時間(じかん)という時間はあっという()()ぎてしまいました。

盆踊り会場の(そと)では、ゆかた姿を記念(きねん)写真(しゃしん)にとって、手作(てづく)りのポストカードケースづくり。「ゆかた姿をふるさとに」を合言葉(あいことば)に、(こころ)をこめて作っていました。すてきな写真がふるさとに(とど)くといいですね。

 
 

西尾市国際交流協会では、このようなイベントを(とお)して、外国人(がいこくじん)(みな)さんと交流し、西尾市で安心(あんしん)して生活(せいかつ)できるようにしていきたいと(おも)っています。