「やさしい日本語(にほんご)講座(こうざ)

2019(ねん)(がつ)(にち)(にち)

参加者(さんかしゃ)62(にん)(うち18(にん)外国人(がいこくじん)協力者(きょうりょくしゃ)

講師(こうし)合同(ごうどう)会社(がいしゃ)オーイン(おーいん) 近藤(こんどう)正憲(まさのり) 先生(せんせい)


京都(きょうと)から講師(こうし)(まね)き、外国人(がいこくじん)にも理解(りかい)しやすい日本語(にほんご)「やさしい日本語」について(まな)びました。講師(こうし)先生(せんせい)による海外(かいがい)様々(さまざま)(くに)で日本語を(おし)えた経験(けいけん)(まじ)えた(はなし)は、とても興味(きょうみ)(ぶか)かったです。

西尾市(にしおし)()む外国人の人口(じんこう)は、9月に10,000人を()え、全体(ぜんたい)の17人に1()(とり)割合(わりあい)です。その国籍(こくせき)ブラジル(ぶらじる)ベトナム(べとなむ)をはじめ、40か国(かこく)以上(いじょう)であり、(おも)英語(えいご)母国語(ぼこくご)にしていない(くに)(ひと)です。ある調査(ちょうさ)によると、英語よりも日本語の(ほう)理解(りかい)(やす)い人の方が(おお)いとのことです。

講座(こうざ)では、各グループ(かくぐるーぷ)に日本語を勉強(べんきょう)している数名(すうめい)の外国人の参加(さんか)もあり、実際(じっさい)(つた)わるのかを(ため)してみたり、日本(にほん)では普通(ふつう)のことでも、外国では(つた)わらないことなどの(はなし)()きました。



また、多言語(たげんご)翻訳(ほんやく)アプリ(あぷり)Voicetraボイストラ(ぼいすとら))」の紹介(しょうかい)もありました。
スマートフォン(すまーとふぉん)使(つか)って様々(さまざま)言語(げんご)翻訳(ほんやく)されるアプリ(あぷり)です。上手(じょうず)に使うためにはコツ(こつ)必要(ひつよう)でしたが、講座(こうざ)参加(さんか)した外国人と会話(かいわ)することができました。 そして、上手(うま)()()えるテクニック(てくにっく)大切(たいせつ)ですが、それ以上(いじょう)に、(あい)()(おも)いやる、やさしい(こころ)をもってコミュニケーション(こみゅにけーしょん)()ることが重要(じゅうよう)だと(まな)ぶことができました。

 

参加者(さんかしゃ)アンケート(あんけーと)より抜粋(ばっすい)

 外国人の方と共生(きょうせい)するうえで、とてもいいお話が()けました。やはり根底(こんてい)には(おも)いやりが大切(たいせつ)であることを(かん)じました。

伝統(でんとう)習慣(しゅうかん)(ちが)う外国の(ひと)との理解(りかい)にはその(くに)()ろうとする努力(どりょく)大事(だいじ)だと(おも)いました。(こころ)(ひら)いてお(たが)いにコミュニケーションを(つづ)けてそこから(すこ)しでも相手(あいて)()ることが仲良(なかよ)くしていけることだと思います。

参加者が(おお)有意義(ゆういぎ)でした。2回目(かいめ)の参加でしたが(あら)たな発見(はっけん)もあり、勉強(べんきょう)になりました。各グループに外国人の方が参加してくださり、交流(こうりゅう)(ふか)めるよい機会(きかい)だと思います。