ポルトガル語(ぽるとがるご)講座(こうざ)

日時(にちじ)2019(ねん)10(がつ)230(にち)(すいようび) 18301930 (けい)(かい)

場所(ばしょ)総合(そうごう)福祉(ふくし)センター(せんたー)

参加者(さんかしゃ)20(にん)

講師(こうし)岩瀬(いわせ)(めぐみ) 先生(せんせい)

 



西尾市
(にしおし)
一番(いちばん)(おお)()外国人(がいこくじん)は、ブラジル(ぶらじる)(せき)(かた)です。

今回(こんかい)は、ブラジル人の母国語(ぼこくご)である「ポルトガル語」の講座を開催(かいさい)しました。

言葉(ことば)(おぼ)えることは、とても大変(たいへん)なことです。しかし、簡単(かんたん)な「あいさつ」や「()()いた一言(ひとこと)」を相手(あいて)(くに)の言葉で、(こえ)()けてあげられるようになりたいですね。

最終日(さいしゅうび)には、先生が用意(ようい)をしてくれたブラジルの家庭(かてい)料理(りょうり)フェイジャオン(ふぇいじゃおん)フェジョン(ふぇじょん)と「()キャッサバ(きゃっさば)(あじ)わうこともできました。

 

参加者(さんかしゃ)感想(かんそう)

・講師の先生が、すごく熱心(ねっしん)(たの)しく講座を()けることが出来(でき)ました。また機会(きかい)があったら勉強(べんきょう)したい(おも)いました。多くの方が受講(じゅこう)されて最後(さいご)の講座ではフェジョンの料理を()してくださり、とても有意義(ゆういぎ)でした。

日常(にちじょう)生活(せいかつ)必要(ひつよう)なポルトガル語を(みじか)時間(じかん)理解(りかい)できるよう()かりやすく(おし)えて(いただ)けたと(おも)います。今後(こんご)、どんどんブラジルの方とポルトガル語で(はな)せる機会が(つく)れたらと思います。

地域(ちいき)のブラジル人に声をかけられたらと思い受講しました。意思(いし)疎通(そつう)まではむずかしいと思いますが、かなり興味(きょうみ)をもつことができました。本屋(ほんや)さんで思わず本を()にとってみたり・・・。ポルトガル語独特(どくとく)発音(はつおん)はありますが、アルファベットで発音がなんとなくわかるのが、おもしろかったです。

現在(げんざい)、西尾市の外国人で日系(にっけい)ブラジル人が一番多い。彼等(かれら)とのコミュニケーションの手段(しゅだん)として、ポルトガル語は重要(じゅうよう)であると思い参加しました。