はじめてのベトナム()講座(こうざ) 



2020(ねん)11(がつ)5日(いつか)(もく))から11月26(にち)(木) 午後(ごご)()から8時

    講師(こうし) ダォ ティ ヒェン先生(せんせい) (西尾市(にしおし)在住(ざいじゅう)通訳(つうやく)

西尾市(にしおし)国際(こくさい)交流(こうりゅう)協会(きょうかい)では、様々(さまざま)(げんご)の講座を開催(かいさい)しています。11(がつ)には、ベトナム語の講座を開催しました。

(参加者(さんかしゃ)(こえ))「(はじ)めてのベトナム語」に参加(さんか)して         

今回(こんかい)初めて西尾市国際交流協会の事業(じぎょう)に参加させていただきました。近年(きんねん)(ざい)(りゅう)外国人(がいこくじん)(なか)一番(いちばん)増加(ぞうか)しているのがベトナム人であり、関係(かんけい)(ふか)まってきたベトナムのことをもっと()りたく(おも)い、参加しました。

当初(とうしょ)講座の雰囲気(ふんいき)がどんなかと多少(たしょう)不安(ふあん)でしたが、ヒェン先生(せんせい)(した)しみやすさと参加している(みな)さんの和気(わき)あいあいとした姿(すがた)に、(わたし)違和感(いわかん)なく()けこむことができました。ヒェン先生は20(ねん)(ちか)日本(にほん)()んでみえるそうで、日本語もうまく、わかりやすい授業(じゅぎょう)でした。

ベトナム語を勉強(べんきょう)して(おど)いたのは、「あなた」という意味(いみ)()人称(にんしょう)が、対象(たいしょう)年齢(ねんれい)(べつ)(よっ)つも使(つか)()けなければならないことでした。でも、よく(かんが)えてみれば、日本語でも「おたく」、「あなた」、「(きみ)」、「おまえ」(とう)たくさん表現(ひょうげん)があるので、(おな)じことかもしれませんね。そういえば日本もベトナムも同じ漢字(かんじ)文化(ぶんか)(けん)大乗(だいじょう)仏教(ぶっきょう)(くに)です。

ベトナムは(とお)(くに)(おも)っていましたが、今回の講座に参加して、意外(いがい)(ちか)い国のように(かん)じました。